Raspberry Piでblink(1)を光らす Gmail編

公開って程でもないけど!!ハードルを下げてからいきます。

なぜモジュールがあるrubyでないのか、面倒だったからです・・・。

lib/blink1.php

<?php
class blink1 {
        public function __construct() {
//              $this->blink1Tool('-m 0 --off');
        }
 
        protected function blink1Tool($arg) {
                $last_line = system('blink1-tool ' . $arg, $retval);
 
                echo $last_line;
 
                return $retval;
        }
 
        protected function rgb($r, $g, $b, $ms = 500) {
                $this->blink1Tool("-m {$ms} --rgb {$r},{$g},{$b}");
        }
 
        protected function turnOnOne($r1, $g1, $b1, $r2, $g2, $b2, $ms = 500) {
                $this->blink1Tool("-l 1 -m {$ms} --rgb {$r1},{$g1},{$b1} && blink1-tool -l 2 -m {$ms} --rgb {$r2},{$g2},{$b2}");
        }
 
        private function repeatFlashes($r, $g, $b, $repeat) {
                for($i = 0; $i < $repeat; $i++) {
                        $this->rgb($r, $g, $b);
                        usleep(500000);
                        $this->rgb(0, 0, 0);
                        usleep(500000);
                }
        }
 
        public function red($repeat = 3) {
                $this->repeatFlashes(255, 0, 0, $repeat);
        }
        public function green($repeat = 3) {
                $this->repeatFlashes(0, 255, 0, $repeat);
        }
 
        public function blue($repeat = 3) {
                $this->repeatFlashes(0, 0, 255, $repeat);
        }
 
        public function white($repeat = 3) {
                $this->repeatFlashes(255, 255, 255, $repeat);
        }
 
        public function yellow($repeat = 3) {
                $this->repeatFlashes(255, 255, 0, $repeat);
        }
 
        public function purple($repeat = 3) {
                $this->repeatFlashes(255, 0, 255, $repeat);
        }
 
        public function policecar($repeat = 6) {
                for($i = 0; $i < $repeat * 2; $i++) {
                        $this->turnOnOne(
                                255, 0, 0,
                                0, 0, 0,
                                300
                        );
                        usleep(300000);
                        $this->turnOnOne(
                                        0, 0, 0,
                                        0, 0, 255,
                                        300
                        );
                        usleep(300000);
 
                        $this->rgb(0, 0, 0, 100);
                        usleep(100000);
                }
        }
        public function fireengine($repeat = 6) {
                for($i = 0; $i < $repeat * 2; $i++) {
                        $this->turnOnOne(
                                        255, 0, 0,
                                        0, 0, 0,
                                        300
                        );
                        usleep(300000);
                        $this->turnOnOne(
                                        0, 0, 0,
                                        255, 0, 0,
                                        300
                        );
                        usleep(300000);
 
                        $this->rgb(0, 0, 0, 100);
                        usleep(100000);
                }
        }
}

Windows版ユーティリティの点灯パターンをちょっとだけ再現。

gmail.php

<?php
require_once 'lib/blink1.php';
 
$gmail = new gmail();
$gmail->check();
 
 
class gmail {
        private $hostname;
        private $port;
        private $flags;
        private $username;
        private $password;
 
        public function setUp() {
                mb_language('ja');
                mb_internal_encoding('UTF-8');
                $this->hostname = 'imap.googlemail.com';
                $this->port = '993';
                $this->flags = '/novalidate-cert/imap/ssl';
                $this->username = 'アカウント名';
                $this->password = 'パスワード';
        }
        public function check(){
                $this->setUp();
 
                $mbox = imap_open(
                        '{' . $this->hostname . ':' . $this->port . $this->flags . '}INBOX',
                        $this->username,
                        $this->password
                );
                $uids = imap_search($mbox, 'UNSEEN', SE_UID);
                imap_close($mbox);
 
                if($uids === false) return ;
 
                $unread = count($uids);
                $blink1 = new blink1();
 
                if($unread >= 1 && $unread <= 3) {
                        $blink1->blue(5);
                } else if($unread >= 4 && $unread <= 6) {
                        $blink1->yellow(5);
                } else if($unread >= 7 && $unread <= 10) {
                        $blink1->red(5);
                } else if($unread > 10) {
                        $blink1->fireengine();
                }
        }
}

単純に未読数をしきい値に光らせてます。

check.sh

#!/bin/bash
 
cd /home/pi/notification
/usr/bin/php gmail.php

シェルスクリプトを作って、cronから呼びます。

*/15 8-23 * * * /home/pi/notification/check.sh

夜中は光ってほしくないので8~23時の間、15分間隔でチェック。

アーキテクチャの話し

開発者、永遠のテーマであるアーキテクチャ。
自身ではMVCがシンプルで拡張性も高く好きです。

先日開催された「PHPカンファレンス福岡2015」で発表されたスライドを引用させてもらいます。

CakePHPを土台に作る事が多い+改修などでも出会う機会が増えてきました。
割りと制約が多い方に部類されるCakePHPでも、それぞれ特徴が出たり、ありがちなControllerにビジネスロジックがごっそり入っているパターンだったり、Modelにビジネスロジックが入っていてもシステムが大きくなる程に、役割や責任の範囲が曖昧になり、巨大なModelの出来上がりとなるのは「開発あるある」ではないでしょうか。

スライドにあるような、レイヤーにサービス層を入れる事で、Facadeパターンを取り入れたような設計ができます。

ちなみにCakePHP2系でパッケージを追加するのは簡単です。

app/Config/bootstrap.php

App::build(array(
    'Service' => array('%s' . 'Service' . DS)
), App::REGISTER);

で追加して、下記のように呼び出せます。

app/Controller/HogeController.php

App::uses('FugaService', 'Service');

ControllerはHTTPリクエストの操作、Viewの呼び出し、Service実行のみを行う。
Serviceはリクエストの検証、ビジネスロジック。Model実行。
Modelはバリデーション、DB操作のみを行う。ORマッパ経由でもServiceレイヤーには書かない。
Viewはロジックを入れないでとか、データ加工ならHelperとかElementを上手く使って。

これだけでも後から見たり、人が増えたりしても仕様理解が早く済む。と思っています。

これからはCakePHP3が既にリリースされているので、新機能との合わせ技で試行錯誤してみたいですね。

PHP7のリリースも迫っていて、楽しみ半分、大変そうです。

Raspberry Piでblink(1)を光らす

ラズパイを入手。
電源はUSBからなので元々あった Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ を利用。

Raspberry Pi Model B+ (Plus)
Raspberry Pi用ケースセット
USB2.0ケーブル 0.9m
Anker USB 3.0 SD/TFカードリーダー
microSDHCカード 32GB

Raspbianを本家からダウンロードし、SDカードリーダーにて書き込み。
起動してSSHして、blink(1)の設定。

sudo apt-get install libusb-1.0-0-dev
sudo apt-get install libudev-dev
 
git clone https://github.com/todbot/blink1.git
cd blink1/commandline
make
 
cd blink1/linux
sudo cp 51-blink1.rules /etc/udev/rules.d/
sudo udevadm control --reload-rules

予定通り blink(1) mk2 を挿す。
ちゃんと光るのかコマンドラインから確認。

blink1-tool -l 1 --red  &amp;&amp; blink1-tool -l 2 --blue
blink1-tool --off

ラズパイ+blink(1)

blink1-tool.mdには書いてないが、blink1-mk2-tricks.mdにあるコマンドで上下と言うか、裏表というか、ちゃんと別けて光らせる事が可能。

青と赤で光らせると真ん中は混ざって紫に。流石ちょっと高いだけある。
しかも複数挿してもIDで認識し、個別に制御できるらしい。現時点では海外から頼むしかないので、3個くらい買っとけば良かった。
#ラズパイではブレッドボードとかにLEDが正統派だろうけど

取り敢えず、音声出力が標準であるのでミニスピーカーを注文した。

記事を探してるとカメラと温度センサーは欲しくなる。
赤外線リモコンも。時間、位置情報をトリガーに照明ON、OFFとか、温度センサーでクーラー制御とか、ペット飼ってる人には有り難そう。

ラズパイ32個クラスタ化。この無駄なスケール感。LEDの光り方がカッコ良すぎ。