redmineのインストールは本家をご覧ください。
面倒な方には自動インストーラー付きのツールも出ているので、そちらもどうぞ。

Ruby環境はrbenvで1.9.3にしてあります。
相変わらずPassengerのビルドで失敗して、どうしたもんかとググっていたら解決しました。

まず自分でnginxのソースをダウンロードして展開します。

$wget http://nginx.org/download/nginx-1.3.4.tar.gz
$tar zxvf nginx-1.3.4.tar.gz

後はインストールモジュールを実行して、全自動でインストールするか、自分で指定するか聞かれるので、2で自分で指定を選びます。

$sudo passenger-install-nginx-module

ソースのパスは先程展開したnginxのパスを指定、インストール先はお好みでどうぞ。
ここがミソで途中configureに何か足すかと聞かれますので、下記を指定します。

--with-ld-opt="-L /usr/local/lib"

これでnginxとpassengerの連携モジュールがビルドされますので、Passenger連携設定をconfに追記すればOKです。
#インストールの最後にこれをconfに書けと表示されます

Redmine Backlogsは公式のままで良いかと思いきや、git checkoutするとinstallコマンドで失敗しますので、cloneしてそのまま素通りしてください。
#v0.9.9で失敗したのですが、その下は試していません

かれこれ6~8年くらい前にLinuxサーバにSSHしてvimでJavaとJspを直書きさせられた時、地獄から開放してくれたのはEclipseはでした。
自動ビルド、コード補完、リネーム時の自動リファクタリング、関数のアウトライン、関数の呼び出し階層、バージョン管理システムとの統合、ブレークポイントで止め、ステップ単位で変数の中身が確認できるデバッグなどなど、それはもう感動ものでした。
#なんか急逝された方の思い出話みたいですが、Eclipseは健在です。
もちろん現在でもJava開発に置いては不動の地位を確立していると思います。なにせ無料ですし。

しかーし、PHPではイマイチでした。Javaとは違い、動的にincludeされる上に、絶対パス、相対パス、設定値によるパスまであるため仕方ありません。
#最近namespace機能が付きましたね
また起動までの時間、メモリ使用量も、最近のPCでは湯水のようにリソースが余っているとは言え、決して軽いとは言えません。

そこでPHP向けのもっと良いIDEは無いかと探したのですが、NetBeansはEclipseに似てるけど変える程の理由もなくてスルー。
KomodoEdit、PhpStormも何かサッパリしすぎて合わず。

MacOS界隈では有名なTextMateはWindows版が無い。
#今まで有料でしたがオープンソース化したようです

そして去年くらいからジワジワ来ていたようで、最近話題のSublimeText2を試してみました。
ダウンロードするとセットアップファイルは6MB程度、インストールしても20MB。起動も一瞬で、メモリも40MBくらいしか初期では使っていません。
基本であるコード補完できる言語数も相当なもんです。それに加えてのプラグイン的なSublime Text Packagesの数々。
なんとまあ、CakePHPからCodeigniter、jQuery、TwitterBootstrapまであるじゃないですか!その他必須であるgitや便利パッケージも揃ってます。

これだけなら別に他にもありそうなもんですが(無かったけど)、設定を変えることでViライクに使えたり、Ctrl+Pからファイル名を適当に入れるとインクリメンタルサーチしてくれ、@を入れると開いているファイルの関数一覧からのインクリメンタルサーチとなります。
パッケージのコマンド関連はCtrl+Shift+Pで操作可能、git関連もここからコマンドが叩けます。パッケージ管理のパッケージもあり、コマンドからインストール、アンインストールも可能です。
まだ触り始めたばかりですが、ショートカットも無数にあり、無論カスタマイズできますので、慣れると完全にキーボードのみで操作できるようになるでしょう。

言語仕様的に無理だった呼び出し階層というか、呼び出し元の検索もパッケージから追加できました。
Ctagsという別途windowsバイナリが必要ですが、プロジェクト内のファイルを全てスキャンしてDBでいうところのindexみたいなファイルを作成し、そこから一致するファイルを一覧表示する荒業です。

デバッグ関連はまだ触っていませんが、XDebugのパッケージはあるので、問題なさそうです。

上記のように基本的にショートカットからインクリメンタルサーチのコマンド入力で操作するので、Eclipseのように複数にウィンドウが分割されないシンプルな構成なのも好感が持てます。
サイドバーを表示し、ソースを表示しても横長の画面では大分余ると思うので、2ファイルのソースを同時表示しても良さそうです。
CakePHPならControllerとView、Modelとか同時に見えると便利な組み合わせがあると思います。

総合的にEclipseに初めて会った時依頼の衝撃で気絶しそうです。
1ライセンス$59とソコソコしますが、個人でも買える価格ですし、生産性を考えたら安いもんです。
しかも評価中の機能制限や期間制限すら無い?ようなので思う存分試せます。

盆休み中に是非いじって見てください。

tryGit

gitの基本を学べるtryGitというチュートリアルをGitHubが公開しています。

日本では人気のバックログでもgitがサポートされたので、これからより広まる事でしょう。